Welcome to my homepage

外資系銀行のメリットとは?

日本には世界各国に拠点を持つ外資系銀行がいくつも進出していますが、外資系企業の多くはホールセーラーとして企業や機関投資家を対象とした営業をしています。
国際的な取引をした場合には国際送金をして外貨で支払うことになりますが、これには高い手数料がかかります。
国際的に展開する外資系銀行に口座を作り、取引先の国の口座から相手企業の口座に直接振り込みをすれば、手数料は最小限度に抑えることができますしので、外資系銀行を企業が利用することは非常にメリットが高いといえます。
では、外資系銀行を個人が利用するメリットとは、一体どのようなものでしょうか。
お金借りれる 銀行がたくさんあるとはいえ、その枠に捕らわれないといった意味でも、個人が外資系銀行で外貨預金をする一番のメリットとは、海外出張や海外赴任をした際に現地の通貨の引き出しがしやすいということでしょう。
日本の銀行は世界的にもサービスが良く、日本に住んでいると私たちはコンビニ感覚で24時間、365日ATMなどを使って自分の預金を引き出すことができ、銀行はいつでもユーザーに対応してくれるように思ってしまいますが、外国ではそうはいきません。
本来大都市の銀行であっても日曜日や早朝の両替所は開いていませんので、出張先で手持ちが少なくなり急遽現地通貨に交換をしたいと考えても、出来ないことが多いのです。
しかし、日本でも海外でも支店を持つ外資系銀行の口座を持っていれば、その口座からATMを通して現地通貨で自分の預金を引き出すことができるので、頻繁に海外に出る人にとっては、外資系銀行に口座を持つことはメリットが高いといえますし、安い時期に外貨を買って預金をしておいて、外貨が値上がりをしたら売って差額の利益を得るといった、投資的な使い方もできるでしょう。


▲pagetop